翻訳のサービスや技術翻訳の依頼│マニュアルや契約書にも対応

スーツの女の人

ビジネス書類を訳する会社

パソコンを操作する男性

海外企業と行なわれる業務提携で必要になった契約書は、翻訳会社に翻訳を依頼すると便利です。翻訳会社のなかには、そのようなビジネス関係の書類の翻訳を専門にしている会社があり、専門用語も迅速に訳してくれます。

詳しくはこちら

専門的な翻訳

キーボード

技術翻訳を依頼しようと考えている方は、WEBで翻訳を受け付けている会社をおすすめします。プロの翻訳家に直接依頼するスタイルなので翻訳料が安く、かつ24時間対応しているので、いつでも依頼ができます。

詳しくはこちら

依頼するときの注意点

パソコン

翻訳のサービスを提供している会社に翻訳を依頼するときは、いくつか注意することがあります。まず、翻訳を依頼する会社には、早めに連絡を入れることが大切です。人気の会社は依頼が集中していることが多いので、あまりにも依頼が遅いと書類が必要な時期に揃わなくなってしまいます。できるだけ余裕を持って書類を揃えるために、早めの依頼をすることが大切です。また、翻訳する書類の用途をできるだけ明確に説明することも重要になってきます。情報が少ないと、どんな場面で翻訳をするのか翻訳家が理解できない可能性があります。言語はシチュエーションや性別によってニュアンスが大きく変わることがあります。たとえば、海外に送る重要書類と現地での社員募集の広告文では、目的が大きく違ってきますし、文章表現の堅さも変化します。したがって、この書類を使用する目的や意味、さらに場面を明確に伝えることで、より依頼者が求める翻訳に近づくことができます。また、翻訳のサービスを行なっている会社によっては、翻訳と同時に書類や広告のデザインを手がけているところもあります。そのため、納品形式をあらかじめ指定しておくことで、依頼者が満足するレイアウトで納品されます。さらに、翻訳において専門用語や特別な固有名詞がある場面は、事前に伝えておくことが大切です。もし企業間でしか使わない用語や隠語があれば、それもしっかりと翻訳会社に指定しましょう。それを怠ると、翻訳家は一般的に流通している意味でしか訳せないため、前後の文章が繋がらなくなってしまうことがあります。以上の注意点を意識して、翻訳を依頼することが重要になってきます。

翻訳会社を選ぶときは

案内

マニュアルや説明書の翻訳を翻訳会社に依頼するときは、翻訳スタイルを統一するための見本を作製している会社を選ぶことが大切です。また、同様に用語集や単語集を作っているところもいいでしょう。

詳しくはこちら